不倫を希望する理由とは

■後を絶たない不倫、そのワケは

不倫という行為は、バレてしまえば裁判沙汰になり、不倫をしたほうが慰謝料なりなんなりを払うことになるのが世の常ですよね。
そういった不倫という行為、してはいけないと言われているような行為をしてしまう人が増えています。
また、不倫という行為は古くから行われており、今になっても全く後を絶ちません。
不倫は文化だと言い放った人がいますが、本当に不倫は文化なのでしょうか。
不倫希望をする人たちとは、一体どういうわけで不倫を希望しているのでしょうか。

■男の場合

色々と考えるところはあるのでしょうが、男の場合はかなり単純明快です。
男が不倫をする理由というのは、だいたい二つです。
セックスがしたいだけなのか、ほかの女性を愛してしまったのか、このどちらかです。
前者の場合は非常にわかりやすいですよね。
妻とするセックスだけでは飽きてしまったという人であったり、妻がセックスをさせてくれなくなっただとか、妻が受身のセックスしかしてくれないだとかそういう不満などが募り募って他の女性とセックスをするというわけです。
不倫というのは配偶者以外の異性とセックスをすることをいいますから、これも立派な理由ですよね。
前者の場合が多いような気はしますが、後者の場合ももちろんあります。
ダメだとしりながら他の女性を愛してしまうことはあるでしょう。
彼女がいたとしても、他の女性のことを「いいなあ」と思ってしまうこともあるでしょう。
そういった現象が、結婚後も続くと不倫になるというわけです。
遊んできた人が、結婚してから急にまともな恋愛ができるわけがなく、遊んできた人は遊んできた人なのです。
まともな恋愛なんてできません。
不倫をしてしまうのは、男の場合はこういったケースが多いのです。

■女の場合

不倫希望をする女の場合は、不倫という行為に対する憧れです。
不倫希望をする女性というのは、やっぱり不倫という行為にかなり憧れています。
なぜ不倫に憧れるのかという疑問が浮かびますよね。
その答えは単純です。
不倫という行為がロマンチックな行為であるからです。
夫以外の人を愛してしまう、ダメだとしりながらも愛してしまう……背徳感と責任、覚悟にまみれた愛欲。
これに憧れているのです。
世の中の女性はみんなロマンチックなことが大好きです。
女性とは生まれながらにして愛欲にまみれたロマンチストなのです。
ロマンチストであるからにはロマンチックな行為に対する憧れがなくてはいけませんし、不倫という行為がロマンチックな行為であるという認識を女性がしている限り、女性は不倫を希望し続けることでしょう。

■総括

男も女も理由はいたって単純でしたね。
不倫希望をする理由というのは、いつの時代も、こんなものなのかもしれません。