クラリス 薬とはどういったものですか?抗生物質はウイルスや菌を殺すもの

抗生物質という言葉はよく耳にしたり、実際に病院で処方された事もあるものの、具体的にそれがどんなものなのかわからないという方は大勢います。やはり実際に自分が使うという事になれば、詳しく知っておくべきだと言えるでしょう。ちょっとした風邪でもこの抗生物質を出すような病院もありますから、それがなんなのかを知った上で今後は使っていくようにしてください。

クラリス 薬とはどういったものですか?抗生物質はウイルスや菌を殺すもの

■抗生物質はウイルスを殺す薬
抗生物質というのは簡単に言ってしまえばウイルスや菌を殺す薬です。怪我をしたら抗生物質を使うのは、怪我から菌が入って感染症を起こしてしまわないようにするためです。ただし一つ注意が必要なのが、この抗生物質というのは悪いウイルスを狙い撃ちして殺すのではなく、全ての菌を殺してしまいます。

引合い⇒クラリス(クラリスロマイシン)の個人輸入代行 http://www.idrugmt.asia/drug/clarith.html

常在菌という体を守っている菌もたくさん人は持っていますが、そういったものも無差別に殺してしまう事で、抵抗力が落ちたり、お腹をくだしたりなどの症状が出てきます。またちょっとした傷などに抗生物質を使うと、結局着ずを治す菌も殺してしまうわけですから治りは遅くなります。

感染症は防げる事は間違いないものの、そういったデメリットもあると覚えておきましょう。

■抗生物質には塗るタイプの飲むタイプもある
抗生物質には、塗るタイプのものもあれば飲むタイプのものもあり、もっと言えば抗生物質が練り込まれたガーゼなどもあります。大きな怪我をした時には、塗るタイプの抗生物質と飲むタイプの両方が出される事が多いでしょう。また風邪などで処方される場合には、飲むタイプのもののみ処方されます。

体の外側に傷のある怪我なのか、体の内側でウイルスが悪さをする病気なのかで、どんな抗生物質が処方されるかは変わってきます。さらに、どれくらいの期間抗生物質を使うのかという事も同様に変わってきます。そこは医師を信頼し、医師の判断で正しく使っていくようにしましょう。

抗生物質に関しては、自己判断で使うのを途中でやめる事はしないように注意をしてください。

クラリス薬のような抗生物質を飲んでいる時にお酒を飲んでも大丈夫ですか?

薬とお酒の飲み合わせには基本的に注意が必要になりますが、それは抗生物質においても同じ事が言えます。具体的に抗生物質をお酒の飲み合わせについて説明をしていきますので参考にしてください。

■抗生物質とお酒は一緒に飲んではいけない
基本的に抗生物質を飲んでいる時にはお酒を飲んではいけません。もしも抗生物質がきいている間にお酒を飲んでしまうと、いつもよりアルコールの分解がされにくくなります。その結果、普段はあまりお酒に酔わないような人でも、お酒に酔いやすくなってしまいます。

酷い二日酔いになってしまったりあまり良い状態にはなりません。そしてもっと酷い時には、吐き気を伴ったり痙攣の症状などが出てしまう事もあります。抗生物質とお酒の飲み合わせはこのようにあまり良くはありませんから、その点には十分注意をしないといけません。

■どうしてもお酒を飲みたい時には
抗生物質を飲んでいる間にも、どうしてもお酒を飲みたいという状況はあるでしょう。例えば付き合いでなかなかお酒を断る事ができない、なんていう状態には、一つの工夫をお勧めします。その工夫というのは、お酒を飲んでから4時間は抗生物質を飲まないという事です。

お酒は4時間から6時間程度で肝臓で分解されます。なのでその後であれば抗生物質を飲んでも問題はありません。また、抗生物質の効果のピークというのは2時間です。なので抗生物質を飲んだ後でお酒を飲む場合には、2時間は時間をあけるようになさってください。

クラリス薬のような抗生物質を飲んでいる時にお酒を飲んでも大丈夫ですか?

そうすれば、上記で説明をしてきたような状態は避ける事ができます。どうしても抗生物質を内服中にお酒を飲む場合には、この飲む時間というところを気をつけましょう。抗生物質とお酒の飲み合わせというのはあまり良くありません。アルコールが分解されにくくなってしまい、悪酔いをしたり良い状態にはなりません。

なのでできれば抗生物質を内服中にはお酒は避けるべきです。どうしても飲むであれば、お酒を飲んで4時間は抗生物質を飲まない、抗生物質を飲んで2時間はお酒を飲まないという事が大切です。